fc2ブログ

記事一覧

南太平洋・島紀行 ~東ティモール編 その2

2023年7月25日~8月5日

2度目の東ティモール行き。

231030-01.jpg

今回はシンガポール航空です。
シンガポールとデンパサール経由で向かいます。

231030-02.jpg

231030-03.jpg

離陸してしばらくすると、サテが提供されました。


231030-3_.jpg

食事は和食を。

231030-04.jpg

シンガポール航空のビジネスクラスはWiFiが無料で楽しめました。
でも、昔のほうがサービスが良かったような気がするなあ。


231030-05.jpg

久しぶりのチャンギ国際空港。


231030-06.jpg

あの広い空港で乗り継ぎ時間が短かったので心配していましたが、無事デンパサール行きに搭乗できました。

231030-07.jpg

デンパサールのホテルは本当に寝るだけ。
翌日の午前のフライトで東ティモールの首都ディリに到着しました。


今回泊ったホテルの朝食シリーズ。

中華料理のレストランと同じ敷地にあるため(おそらく同じ経営)、朝食はそちらで食べます。
当然中華っぽいメニューも選べます。

231030-08.jpg

231030-09.jpg

231030-10.jpg

231030-11.jpg

麺はインスタント麺。
レストランで普通に注文してもこの麺が出てくるのかなあ。
それなりに高級っぽいレストランなんだけど、これが出てきたら怒りますね。


仕事の空き時間にホテルの近くを散歩します。
乾季の東ティモールはカラッとしていて超快適です。

231030-12.jpg

231030-13.jpg

231030-14.jpg


こちらは国会議事堂。

231030-14_.jpg

231030-15.jpg


左に見えるマストの折れた沈みかけのヨットはこの前来たときもあったけど、このまま朽ちていくのだろうか?

231030-16.jpg

231030-17.jpg


土曜日の夜はディリで唯一のショッピングモール、ティモールプラザの駐車場でナイトマーケットが開かれます。
ステージが設置され、バンドの演奏もありました。

231030-18.jpg

231030-19.jpg



翌朝、日曜日で仕事はないので街歩きに出掛けます。


魚をぶら下げて歩く漁師?

231030-20.jpg

231030-21.jpg

231030-22.jpg


木の中を通る多数の電線。

231030-23.jpg


やって来たのはディリの大聖堂。

231030-24.jpg

231030-25.jpg

1989年にはローマ教皇も訪れたようです。
私の年代でローマ教皇(当時はローマ法王と呼ばれることが多かったです)といえば、このヨハネパウロ2世ですね。
懐かしいな。

231030-26.jpg

午前10時。
ちょうど日曜ミサが開かれるようです。
狙い通りでした。

231030-27.jpg


賛美歌を歌うところをこっそり撮ってみましたが、堂々と撮っても良かったのかなあ?

長閑で平和な空気が流れています。




ミサが終わり、再び街を歩きます。

231030-28.jpg


やって来たのはタイスマーケット。

タイスは東ティモールを代表する伝統的な織物。
伝統行事や日常生活での装飾だけでなく、ゲストの首に掛けて尊敬の念を表したり、というような使い方もされるそうです。

前日に訪れたある官庁の大臣室の壁には、歴代の大臣の写真の下に東ティモールの国旗をモチーフにしたタイスが掲げられていました。

231030-29.jpg

地方によって柄や織り方に違いがあると言われており、言語や民族の区分から大きくは6種類に分けられることができるようです。

鮮やかな色のタイスは化学薬品などを使って染色されたものですが、本来の伝統的なタイスは草木など天然由来の染料を使った、やや地味な感じの織物です。

私も記念に1枚買ってみました。
東ティモールの初代大統領で現在の首相でもある、シャナナ・グスマン氏の生まれ故郷であるマナトゥトという地方のものとのこと。

231030-29c.jpg


これまでに買った他の国のお土産とか、マンギスタウで拾ってきたアンモナイトの化石の下などに敷いています。
テーブルセンターとして使うこともあるということですから、別に構わないですよね。


再び街歩き再開。

231030-30.jpg


地元民にも人気のカフェで一服。

231030-31.jpg



231030-32.jpg

231030-33.jpg



ホテル近くのレストランで夕食。

231030-34.jpg

231030-35.jpg


こちらは、やはりホテル近くのレストラン、というか食堂。
すでに調理されているオカズを指差しで伝えて、ご飯と一緒に盛ってもらいます。

231030-36.jpg

231030-37.jpg

これで1.5ドルくらい。

231030-38.jpg


持ち帰ることもできます。

231030-39.jpg


帰国前日の夜は、海岸沿いの日本食レストラン「亀さん」に来ました。
日本人女性が経営しています。

231030-40.jpg

231030-41.jpg

231030-42.jpg

231030-43.jpg

231030-44.jpg

231030-45.jpg


帰国当日。

空港の外観。
やっぱり空港のターミナルビルには見えませんな。

231030-46.jpg

231030-47.jpg

231030-48.jpg


東ティモールから2時間。
再びデンパサールです。
乗り継ぎ時間がたっぷりあるので、クタのビーチまでやって来ました。

231030-49.jpg

東ティモールのほうがカラッとしていて快適でしたね。
バリのほうが湿度が高いように感じます。

231030-50.jpg

231030-51.jpg

軽く食事をして、空港に戻ります。


231030-52.jpg

231030-52_.jpg


再びシンガポール・チャンギ国際空港で乗り継ぎ。

231030-53.jpg

231030-54.jpg

231030-55.jpg

231030-56.jpg

東ティモール編、これで一旦終了です。
本当は今月また渡航する予定だったのですが、諸事情あって中止となりました。

またいつか行けるかなあ。
まあ、行っても仕事以外やることないんですけどね。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
↑いいね!と思ったら押して下さい





スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おかつっつっつ

Author:おかつっつっつ
20代、30代でそれぞれ世界一周の旅をしました。
50歳を超えやっと自分の自由な時間が持てるようになったものの長期の休みなど取れるわけもなく…
毎年少しずつ西へ西へと進んで3度目の世界一周を目指します!