fc2ブログ

記事一覧

ロシア最終日

ついに帰国の日となりました。帰国便の出発時刻は午後6時30分なので、それまでオムスク近代建築巡りをします。ホテルをチェックアウトし荷物を預かってもらい、4番のトラムに乗って出発です。まずはウスペンスキー聖堂近くに建つこちら。「オムスキー」というショッピングセンターです。かつての貴族の屋敷の様式を取り込んだデザインとのことですが、うーん、イマイチ分かりません。だいたい、「貴族の屋敷の様式」がよく分からん...

続きを読む

オムスク ~やっと思い描いていたロシア人に会えた!

オムスクまでの車内は同じくエカテリンブルクから乗車した、ジニスとマーシャという40代くらいのロシア人夫婦と同じコンパートメントでした。旦那のジニスは弁護士、奥さんのマーシャは学校の先生だそうで、ともにカタコトですが英語を話せるので、だいぶ話が弾みました。「一体オムスクで何を見るつもりなのか?」オムスク在住のジニスに質問されました。おっと、それは一番困る質問です。来年のカザフスタンへ向けて、一番国境に...

続きを読む

エカテリンブルク2日目

泊まっているホテルは朝食付きです。翌朝、1階のレストランへ行きましたが、他に客はひとりだけ。並んでいる食べ物もイマイチでした。部屋に戻りしばらくゆっくり過ごしてから、11時前にチェックアウトしました。会計を済ませるとこんなものを渡されました。滞在登録証明書で、出国時に必要となるかもしれないので保管するようにとのことです。そう言えばイルクーツクのホテルではもらわなかったな。ホテルに荷物を預けて街歩き開...

続きを読む

エカテリンブルク ~ロシア構成主義の建築巡り

久しぶりにのんびりと浴槽に浸かりました。午前10時。さっぱりしたところで街歩き開始です。なかなかの都会です。ロシアで4番目に人口の多い都市だそうです。ユーラシア大陸をアジアとヨーロッパに分ける境界がウラル山脈と言われています。エカテリンブルクはウラル山脈の東側ではありますが、街の雰囲気はすでにヨーロッパです。今日は一日かけてエカテリンブルクに残るロシア構成主義の建物を巡りながら街歩きするつもりです。...

続きを読む

シベリア鉄道 ~パスポート行方不明事件!

翌朝、まだ薄暗い午前4時に目覚めました。5時にエカテリンブルクに到着予定です。同じくらいのタイミングで車掌さんがシーツの回収に来ました。他の3人を起こさないようにそーっと寝台の下からバックパックを取り出し荷物をまとめます。お、そういえばまだパスポートを返してもらっていませんでした。車掌室へ行ってその旨を伝えると、なんと「そんなもの預かってない」などとのたまうではありませんか!はぁ? 何寝言言ってるんだ...

続きを読む

シベリア鉄道2日目 ~駅で密売買?

翌朝目覚めると、空はすっきりと晴れ渡っていました。外の風景は相変わらずこんな様子。一体いつまで続くのか、シベリアは広いです。9時過ぎにノヴォシビルスクに到着しました。約1時間の停車時間があります。10号車担当の女車掌さん。ウラジオストックからモスクワまでずっと勤務なのだろうか?昨日、車内を私服姿(ジャージみたいな)で歩いていたのを見ましたが、休憩時間中だったのかな。ホーム上の売店を見てみます。ホットド...

続きを読む

シベリア鉄道初日 ~ドミノで勝つ

エカテリンブルクへの列車がイルクーツク駅を出るのは午前3時37分です。荷物のパッキングを済ませ、8時半にはベッドに入りました。寝過ごしたらどうしようと思いつつ、ちゃんと1時半には目覚めました。2時にタクシーをお願いしていたのですが、ちゃんと来てくれてるかなぁ。いやそれよりもフロントに人はいるんだろうか?そんな心配を胸に1時50分に部屋を出てフロントに行くと、ソファで寝ていたお姉さんが飛び起きました。なかな...

続きを読む

バイカル湖で震える

今日はバイカル湖に行く予定です。 中央市場から出ている番号の無いマルシュルートカに乗るらしいのですが、走っているどのマルシュを見ても番号が付いています。 しばらくそのあたりをウロウロしていると、 「リストビャンカ?」と声をかけてきたオジさんがいます。 リストビャンカはバイカル湖観光の中心の町です。 「ダー」と答えるとこのマルシュルートカに乗せられました。 市場の前にあるショッピングセンターの駐車場的な...

続きを読む

モンゴル・ロシア国境を越え、イルクーツクへ

すっかり爆睡中の23時半頃(かな?)、コンパートメントのドアを開けられ、「モンゴルカスタム!」(と言われたような。寝ぼけていたため、この件も含め話の順序などかなり曖昧です)我々3人はガサゴソと起き出し、車掌さんにパスポートを預けます。車掌さんからはロシアの出入国カードを渡されました。左半分が入国カード、右半分が出国カードで、書く内容は全く同じようです。窓の外を見ると、どこかの駅に停車しています。モン...

続きを読む

草原を後にして、北へ

翌朝は日の出前に起きてゲルの外に出ました。期待通り、今日は朝から快晴です。朝靄にかすんだ草原が幻想的です。いいですね~。この景色。やがて朝日が昇り始めました。今日の朝ごはんには卵焼きが付いてきました。朝食を取っていると、隣のゲルに泊まっていたという家族連れが入ってきました。ご両親と男の子2人です。昨日の深夜に到着したそうで、これから6日間のテント泊乗馬トレッキングツアーに出るとのこと。それも楽しそう...

続きを読む

プロフィール

おかつっつっつ

Author:おかつっつっつ
20代、30代でそれぞれ世界一周の旅をしました。
50歳を超えやっと自分の自由な時間が持てるようになったものの長期の休みなど取れるわけもなく…
毎年少しずつ西へ西へと進んで3度目の世界一周を目指します!